仮想通貨NAVI

50!オヤジにもできた!

【世界初】リップルを基軸通貨とした仮想通貨取引所XRP Unitedが始動!

海外の仮想通貨

リップルを基軸通貨としたエストニア拠点の仮想通貨取引所XRP Unitedが始動しました!

https://platform.twitter.com/widgets.js


[btn class=”lightning big”]リップルを買うならこちら [/btn] [kanren postid=”239″]

世界で初めてリップルを基軸通貨とした取引所が誕生!

XRP Unitedはエストニアで認可取得済みの取引所

Ethereum world newsによると10月23日、リップル(XRP)を基軸通貨とした仮想通貨取引所が始動しました。

取引所の名前は「XRP United(XRP ユナイテッド)」で、仮想通貨先進国として知られるエストニアに拠点を置いています。
コミュニティサイトDiscord上では、創業者とみられるアカウントとのチャットが活発に行われており、ユーザーからの質問やそれに対する回答などを見ることができます。

4秒で決済完了

どんな場所からでも4秒で送金ができることを強調したPR動画もかっこいいです。

取り扱い通貨は5種類・4ペア

XRP Unitedでの取引ペアは下記の通りです。

[aside type=”boader”]取引4ペア

  • BTC/XRP
  • ETH/XRP
  • BCH/XRP
  • XMR/XRP(Moneroウォレット対応後に取引可能予定)
[/aside]

法定通貨の対応は現状EUR(ユーロ)のみとなっていますが、XRP Unitedの創業者とされるP3T3RIS氏はコミュニティサイト上にて、今後も対応通貨を増やしていく考えを発言しています。

XRPに注目集まる

Ethereum world newsによると、XRP Unitedの主な目標はデジタル資産のユースケースを世界標準に進化させることとしています。
これは既存の国際送金をまとめる国際銀行間金融通信協会(SWIFT)の存在を揺るがしつつあるリップル社の送金システム「xCurrent、xVia、xRapid」を統合した「RippleNet」の理念と合致します。

日本にもファンの多いRippleが基軸通貨として浸透するようになれば、流通量が増え、ポジティブなニュースによって期待値と共に価値の上昇が期待されます。
また、XRPコミュニティーはデジタル資産を取引所の基本通貨として追加するようBinanceに要請しているということもあり、今後もリップル需要が高まっていきそうです。

https://files.coinmarketcap.com/static/widget/currency.js

ツイッターの声

https://platform.twitter.com/widgets.js
https://platform.twitter.com/widgets.js
https://platform.twitter.com/widgets.js
[recommend-ex] [kanren postid=”239,4480,4436″]

投稿 【世界初】リップルを基軸通貨とした仮想通貨取引所XRP Unitedが始動!海外の仮想通貨ニュース速報 に最初に表示されました。

Source: 海外の仮想通貨ニュース速報
【世界初】リップルを基軸通貨とした仮想通貨取引所XRP Unitedが始動!