仮想通貨NAVI

50!オヤジにもできた!

そもそも仮想通貨のビットコイン、評判は、詐欺コイン?

仮想通貨

仮想通貨の口コミ、詐欺コイン?

あなたも見覚えがある

 

2014年にはビットコインの取引所を運営するマウントゴックス社が自主廃業し、

約400億円の損失金額が発生した件

 

今巷で騒がれています、仮想通貨

 

そもそも仮想通貨って、仮想なだけに怪しいのではって思いますよね、、、、、

 

 

怪しいコインもあります。

 

そんな仮想通貨って最近テレビとかでバンバン宣伝してますし

ある経済番組では、日経平均なみにほぼ毎日説明がありますね、、、

 

 

そんな仮想通貨の説明をしたいと思います。

仮想通貨は海外送金が早い、安い、しやすい

仮想通貨は

決められた国々に影響を受ける値打ちの確約皆無の通貨です。

 

またこの通貨は、インターネット内で

「金銭」と同じように 対価と交換され、

仮想通貨専門の取引所などを通じて各国の法定通貨の円、ドル、ユーロ、人民元などのと

 

置きかえることを意味し獲得でき、限られた代物やシステムの清算に行くことが出来ます。

 

 

 

  • 仮想通貨は、24時間送金が可能
  • 仮想通貨は送金手数料が安い
  • 仮想通貨は送金スピードが速い
  • 仮想通貨は銀行口座を持たない人でも利用可能
  • 仮想通貨は資産の保有になる。

 

 

 

各国発行の法定通貨見たいに現物は存在せず、

インターネット上の電子データの中だけに在りますので、

 

不適正な利用管理ことを考えて特殊な暗号テクノロジーを活用し、

インターネット内の数箇所のコンピュータで

 

数字をシェア・双方注視するブロックチェーンで保持管理されている。

 

 

お陰様で仮想通貨は

 

「デジタル通貨」「暗号通貨」と紹介されることもあります。

 

その中でもとっとも代表的なのは、

 

テレビ、ニュースなどで巷で話題になっている、サトシ・ナカモトと呼ばれる

人物の論文を基にしているプログラミングで監視された

 

 

「ビットコインBitcoin」である。これ以外に清算に使用しやすい「リップルRipple」、

 

不動産や信託といった系のものに通用する「イーサリアムEthereum」、


ビットコインと同じ様なテクノロジーで監視行なわれる

 

「ライトコインLitecoin」、仮想空間セカンドライフで活用される

 

「リンデンドルLinden Dollar」とか、

世界で600種類ものを超える仮想通貨がある。

 

 

仮想通貨の推定時価総額は2016年4月時点で約80億ドルである。

 

 

 

仮想通貨という名前なので、怪しく感じられがちですが、なかには詐欺まがいの

 

通貨もそんざいするみたいですが、利用価値として

 

 

中央銀行や金融機関を経由せずにやりとりされるため、

 

海外などへの送金や決済時の手数料が安くすむし、

 

なんといっても送金・決済時間を圧倒的に軽減することが可能なプラスの点が多い。

 

 

購入者の信頼を基点としてオンリーワンな真価がお約束

 

されており、特定の国や中央銀行の施策の左右されにくい。

 

 

そういった理由から仮想通貨は経済危機時にお金の逃避先となるほか、

 

 

トレードによって通貨プライスが激しく変わる資質があるの画現実です。

 

 

ウェブ上での国、中央政権の政策などを越えた価値で交信が手間なく、

 

 

取り交わしの固有の名前がわからない状態であります。のとは反対に、

 

国の法律を基にしているチェックの目が及びにくいため、

 

 

非合法的取引、脱税、資金洗浄(マネー・ロンダリング)に取り入れられやすく、

 

テロなど非合法な麻薬資本金の原因となる危険性が呼ばれている。

 

 

2014年にはビットコインの取引所を運営するマウントゴックス社が自主廃業し、

 

 

約400億円の損失金額が発生した。

 

この事件のためまだまだ仮想通貨自体が、

 

怪しいとか不果実な物と思われまだまだ普及されてないのが現状です。

 

 

そういう背景から日本で2016年(平成28)に成立した改正資金決済法で言うと、

 

仮想通貨の取引所・交換業者を登録制にし、

 

取引所に口座を開設する時は本人確認を要求する事が必要性化実施した。

実際に国内最大のビットコイン取引所、コインチェックに口座を作ってみました。


ちなみに電子マネーを大きなくくりで仮想通貨として加える定説も存在するが、

 

電子マネーは商品券のように供給事業者が取扱を放棄しても

 

残りの金額分は返還してやって頂けるというのに対し、

 

 

仮想通貨は購入者の信頼のみに沿っているわけですから、

 

極めてプライスの価値が消え失せる懸念もあるのではないかという箇所で異なってくる。

ビットフライヤー、コインチェック口コミ、詐欺?

結論からいえば、仮想通貨を購入のデメリット、メリット

 

デメリット

電子マネーのように発行元がなくなっても買戻しができない

一日のうちに価格の上下が激しい

 

 

 

メリット

株のように参入障壁が低いし、数千円ではじめられる

仮想通貨はまだまだ始まったばかりで、億万長者になる確立が高い(個人の判断で)

 

そうです。億万長者になる確率は、まずは口座を開設から始まります。

 

口座を作るには、無料でできますし宝くじを買ったと思えるほどの

価格で行えます。

 

テレビなどでバンバン宣伝を、しているビットフライヤーと

 

その次にメジャーな、コインチェックまずはこの二つからでも

 

登録をしていたほうがいいですよ。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin